爆産

f:id:ssan:20210116233041j:image

10月にセットしたアマミネブトのメスがお亡くなりになっていたので本日割り出してみた。

 

あまりに予想外に90匹超えてた。残りは数える気力がなかったからマットを元に戻して放置してみる。三桁超えてる可能性があるなあ。

さすがに管理がつらいので里子にだしますよ。

f:id:ssan:20210116233025j:image

 

一応備忘録として今回のセットを書いておく。

 

発酵微粒子マットをほぼ加水せず中ケースにふんわり七割くらいまで詰めてメスを一頭入れる。あとは保管用発泡スチロールにケースを入れて室温で放置。温度管理はなし。

すげえ、何もやってねえ…

 

 

お金欲しい

今日とある駅前で人集りができてて孫がそれにつられて立ち止まったから一緒にみたら大道芸やってた。

芸の最後に「こんなご時世ですからお札をください。この仕事は失業手当も助成金もありません。自粛期間に腕を磨いていました。」って言ってて悲しくなったから一銭も払わず立ち去った。

なんだろうな、あの悲しさ。あれに金払ってたら辻斬りにあったみたいなもんだろう。楽しいもんを見せておいて最後悲しくさせるって芸人としてどうなの?あの人は多分ずっと売れないな。というか売れて欲しくない。さっさと手堅い本業見つけて副業でやってて欲しい。

暖かい

f:id:ssan:20201116151856j:image

アマミネブトがトンネルをたくさん掘ってるからケース側面を凝視したら何個も産卵してるのを発見できて一安心。あとは幼虫が成長してくれるのを待つのみ。目視で10個くらいあるからもうメスを回収したいのだが潜ったまま出てこないし、ゼリーも食べてないみたいだからまだまだ産む気なのか。爆産したらいくつかは里子に出すかな。

 

f:id:ssan:20201116152342j:image

10月に羽化したダイオウヒラタは65㎜程度の小さいやつ。なかなか可愛いのでこのくらいのサイズでもいいかな。あと二頭羽化待ちのオスがいるけどこいつよりは大きくなりそう。

アマミネブト

ネブトははじめてなのでこいつらが何を考えてるのかまるでわからん。

同居5日目でこの感じは単に今週寒かったからやる気が出なかったのか、それとも「任務完了…」ってことなのか。他のクワガタなら交尾終わったら餌場でメイトガードに入るからわかりやすいけど、こいつらは羽化して即交尾、そして産卵。その後餌を喰うという変則的な生態だからこの距離感がなんなのかわからない。

来週少し暖かくなるみたいだしもう1週間同居させてみるか。

f:id:ssan:20201009220320j:image

 

しかしビールとクワガタしか撮影しないからそろそろマクロレンズ買った方が良いかしらね。

ちいさい

アマミネブトクワガタを購入しました。

2cmくらいのとても小さいクワガタです。

f:id:ssan:20201005134755j:image

f:id:ssan:20201005134834j:image

この種は初めてなのでうまく産卵してくれるかわかりませんが小さくて場所も取らないので増えて欲しいなと思います。

家出

ここ数年毎年のように家出をしていましたが本日また家出をしてまいりました。

何故いい歳をした老人が家出をするかと言うと妻の実家で暮していることが原因です。とにかくあの家族が大嫌いで我が娘がその影響下に落ちていくのを見るたびに暗い将来しか望めなくなり鬱屈とした気持ちから暴言を吐き家を飛び出してきてしまう次第です。

さて、ここまで話したからには妻の家族のどのようなところが嫌いかを語らねばなりません。もはや特定されようともやむなしと思いあり、うやむやにせず書いていくつもりではあります。

まずは妻の父。自宅ではテレビを見ること以外に何もしていないのではないかと思うくらい寝たきり老人です。でも身体は丈夫らしく毎日ジムに通っています。妻と娘に罵倒されても意に介さず無言を貫き通している姿を見て「この人は生きているのではなく呼吸をしているのだなあ」と哀れみを感じてしまいますが、この人が威厳を持って生きてこなかったから、家事も育児もしなかったからクソのような家族が出来上がってしまったと考えると呼吸をするだけなのは罪だと思ってしまいます。

次、妻の母。これが諸悪の根源でありこの人がいる以上おれは家に帰ることはありません。自分の夫に対しゴミのような扱いをして怒鳴り散らしているのを見るとイライラします。何かの戯れに夫が家事をしたときにやり方が違ったのか罵倒している姿を見て、おれがこれをやられたら多分暴力をふるうことになるなと、嫌な気持ちになったこと多々あります。とにかく子供がすべてで思いつく限りの甘やかしをするため可愛がって育てた息子(妻の弟)は外面だけ良く家ではゴミカスのような男です。寝っ転がりテレビを観て食事が出来たら無言で食べまたテレビを見るだけのつまらん男です。「実家に帰ったときくらい」と擁護する声も聞こえてくるかもしれませんが、30歳を過ぎてタブレットの液晶保護シートを親に貼らせる姿を見たときは戦慄しました。それくらい家庭では最上級国民の扱いです。ちなみにこの息子は2回目の結婚の結果自宅付近に居を構えていますが、月に1回程度しか寄り付かないので無害です。(帰宅すると王様のような振る舞いをするので不快ですが)このような糞人間を製造した前歴があるにもかかわらず我が娘を同様に甘やかして我儘な存在にしつつあるので本当に不愉快です。しかも我が娘がこの妻の母の口調を真似て妻の父を罵倒したりするのを見るたび本当に不愉快な思いをしています。妻は自分も父が嫌いだからそれを傍観するのみで「じいじが階下に降りてこなからば良い!」と娘ではなく父を叱りつけるのでもうおれには何も言えない状態です。

最後に妻。そんな糞みたいな家庭でも住む家を確保するために実家に居座り続けています。子育てを理由に働いていませんがもともとフルタイムで働いていなかったので良い口実ができて良かったねとしか言いようがありません。しかし、おれが無職になったとき口を開けば「金がない金がない」と嫌味を言ってきたことは生涯忘れません。また娘が成人したら死ぬと伝えた折には年金が減るから困るとおっしゃっていましたね、お前を養う義務はおれには無いと思うんですけど。本当に自分で働く気がないのですね、現状を変える努力をするよりはつまらない日常を維持する、そんなとこがあなたの父上にそっくりですよ。でも明日から頑張ってください。完全に収入がなくなりますよ。

そんなわけで何もかもが嫌になってしまいました。さようなら。